12月17日(土)の早朝,子どもたちは定置網網引き体験を行うため,地元の漁船「昌勢丸」と分船2隻に分乗し,鹿島沖の漁場に向かいました。漁師の皆様から漁の方法を御指導していただき現場へ到着。大がかりな定置網に圧倒され,網の引揚げの開始です。網が小さく引き寄せられると,網の中には大小の大量の魚が飛び跳ねます。子どもたちも興奮して,引揚げのお手伝いをし,自然の素晴らしさと,漁の皆様の偉大さを直に学ぶ貴重な体験ができました。

P1390133.jpg