FC2ブログ

ミニ門松つくり 

 12月23日,子ども会行事の一つである「ミニ門松作り」が行われました。
 講師は,梶原五郎さんです。子どもたちは,説明をしっかり聞いた後,早速ミニ門松作りを始めました。経験者も多く,手際よく作っていきました。完成したミニ門松を前に記念撮影をした後,嬉しそうに家に持って帰りました。

kadomatu 1
kadomatu 2

スポンサーサイト

先輩留学生の話を聞く 

 12月22日,昨年まで本校留学生だった細川さんが,学校を訪れました。
 去年,同じクラスだった織田君や中村さんと久しぶりに再会し,とても嬉しそうでした。特に,中村さんとは同じ里親のもとで暮らしていたこともあり,話が弾んでいました。この日は,担任の粋な計らいで,中学校生活について話を聞く会が急遽開かれました。在校生は,熱心に耳を傾けていました。

masumi 1
masumi 2

2学期 終業式・終園式 


24日(水)、2学期の終業式・終園式がありました。
終業式では、児童代表の言葉を3年生の児童が原稿用紙を1度も見ずに、堂々と発表しました。
立ち振る舞いなど、本当によかったです。

終園式では、園児たちが2学期頑張ったことや冬休みお手伝いを頑張ることなど、一人一人発表しました。

留学生も帰省し、地元の子たちも島外へ旅行に行ったりと、鹿島も少しの間、静かになります。

来年、どんな表情や土産話を持って帰ってくるでしょうか。楽しみです。

閲覧者の皆様、よいお年を!

syou1.jpghayato1.jpg
you1.jpg

薩摩川内元気塾 



19日(金)は、今年度2回目の薩摩川内元気塾がありました。
今回の講演は、元小学校の校長先生である大迫元信先生によります「人に夢と喜びを与えるマジックから学んだこと」という演題の元、マジックショーが行われました。

子どもたちは今日のマジックをとても楽しみにしていました。
いざ、マジックが始まるとみんな目をキラキラさせながら、繰り広げられる不思議な現象に大興奮。
マジックのお手伝いを本校の児童も行いました。

記念にトランプとコップを使ったマジックの道具を全員にプレゼントしていただきました。
大人も子どもも楽しんだマジック。鹿島からマジシャンが誕生するかもしれませんね。

majic1.jpg
majic2.jpg

クラブ活動~べっこう飴作り~ 


11月のクラブ活動の時間には、「理科の実験」の一貫として、べっこう飴作りをしました。
アルミホイルに砂糖水を入れて、アルコールランプで加熱してきつね色になるまでみんなで仲良く話をしながら作っていました。
自分で作ったべっこう飴をみんな嬉しそうに食べていました。
月に1度ですが、自分たちがやりたい活動ができることは何よりも楽しみですね。

ame2.jpgame3.jpgame1.jpg


山の餅つき 



今日は、下甑の自衛隊の官舎で「山の餅つき」に園児が招待を受け、行ってきました。
全国的にも寒い今日は、甑島にも雪が降りました。
道中、雪が積もっているところを見て「雪だるま作りたい!」と、はしゃいでいました。

そして、下甑駐屯所に着き、餅つきが始まりました。ペッタンペッタンお餅をついた後は、上手に丸めました。
moti1.jpgmoti2.jpg


サンタさんにプレゼントをもらった後は、今日の日のために作ったプレゼントを隊員の方々に渡しました。
雪も見れて、お餅もついて、プレゼントももらって、今日は年に1度のとっても楽しい日だったことでしょう。
moti3.jpg

鹿島地域交通死亡事故0  24000日達成記念行事 



本日、「鹿島地域交通死亡事故0  24000日達成記念」式典が行われました。
鹿島地域では、24000日もの間、交通死亡事故が1件もないそうです。これはすばらしい記録です。

式典の中で本校の児童が歩行者代表として、交通安全宣言を行いました。
堂々としたとてもいい宣言でした。

sikiten1.jpgsikiten2.jpg


式典の後は、予定されていた交通安全パレードは悪天候のため、中止となり、交通安全祈願祭としていろんな衣装を身にまとった地域の方々が踊りを披露しました。
子どもたちも一緒に踊った後は、餅まきが行われました。
大人も子どもも一生懸命餅を拾い、袋いっぱいのお餅を嬉しそうに持って帰っていました。

これからも、鹿島地域の交通死亡事故0が続きますよう、日頃から交通安全を意識して、運転・歩行をしていきたいですね。

sikiten3.jpgsikiten4.jpg

鹿島にサンタがやってきた! 



15日の昼休み、司書補の先生と図書委員の児童が一緒に「読書祭」をひらきました。
図書委員の児童はサンタの格好をし、表彰式を行いました。
手作りのリースももらい、みんなとても喜んでいました。
1人ずつ、賞状を渡した後は、サンタさんからみんなへプレゼントが渡されました。

santa2.jpgsanta3.jpg



少し早いメリークリスマス!
24日の夜にも、子どもたちの元にトシドンではなく、サンタが来るといいですね。

低学年の発表と表彰式 


15日、児童集会にて1・2年生による音読と合奏の発表がありました。
1年生は毎朝、朝の会で練習をしている「曜日と日付」の数え歌の暗唱、2年生は毎日勉強しているかけ算九九をみんなの前で発表しました。
とてもリズムよく、またしっかりとした口調で発表ができました。
その後は、1人ずつ打楽器をたたきながら「かぼちゃ」という歌を歌いました。
1・2年生らしい、かわいらしい発表でした。

hpyou11.jpghpyou1.jpg



また、その後表彰式が行われ、2名の児童が賞をもらいました。
青の俳句コンクールと県の作文コンクールに入選しました。
おめでとう!
hyousyou1-1.jpghyousyou1-2.jpg

親子剣道 


13日、土曜日は親子剣道が行われました。
剣道を習っている児童は、お父さんやお母さん、里親さんと試合をしました。
日頃、練習をみんな頑張っているので、保護者の方々ともいい勝負を繰り広げていました。

夜は、クリスマス会が行われ、美味しいご飯に出し物やプレゼント交換、ビンゴ大会もありました。
年に一度の親子剣道とクリスマス会。
とても楽しい1日でした。

kendo.jpgkend2.jpg

薬物乱用防止教室 


持久走大会の後、5校時には薬物乱用防止教室がありました。
5・6年生を対象とした授業でしたが、学校保健委員会の講話として、保護者の方にも参観していただきました。

今回は「ストップ・ザ・薬物~うまく断るには~」というテーマの元、たばこやお酒を誘われたときにどのように断わればよいか、という断り方のロールプレイを中心に行いました。
鹿島駐在所の警察の方、養護教諭を交え、専門的な話を聞いた後、自分たちがたばこを薦められたときにどのようにして断るかを、一人一人実践しました。

ロールプレイを行うに当たって、保護者のご協力を頂きました。とても、初めてとは思えない演技力にとても盛り上がりました。
子どもも保護者も、授業者も笑いの絶えない、とてもよい授業でした。

今日学んだことを忘れずに、断る勇気を持った強い人間へとなってほしいと思います。

yakubutu.jpg
yakubutu1.jpg

持久走大会 

 12月10日は持久走大会が行われました。
子どもたちは、この日のために毎日校庭を一生懸命走り、タイムを計るなどして、新記録または完走を目指し、頑張ってきました。

天候にも恵まれ、風もさほど強くなく、また寒さもあまり感じられない、走りやすい気候でした。
そのようなベストコンディションの中で、何人かの児童・園児が新記録または自己新記録を出しました。

幼稚園児では4名の園児が新記録、また8名が自己新記録を出しました。
小学生は1名が新記録、8名が自己新記録でした。
みんなとっても頑張りました。

たくさんの地域の方々による応援があり、子どもたちも頑張ることができたのでしょう。
応援をしてくださった地域の皆様、ありがとうございました。

jikyuu1.jpgjikyuu2.jpg
jikyuu3.jpg
jikyuu4.jpg

児童集会 3・4年の発表 

 12月8日の児童集会は,3・4年生の発表でした。
 3・4年生は,これまで練習してきたリコーダーの演奏とクイズを出しました。クイズは,学年別に問題を作成し,それぞれのレベルに合った問題を作っていました。子どもたちも,一生懸命に考えて答えていました。正解したら,大喜びでした。
 発表のあとは,授賞式がありました。まごころ文学館の絵画と歯と口の衛生週間のポスターコンクールの授賞式でした。賞状を手にしてとても嬉しそうでした。

zido 1
zido 2
zido 3

強風で流れ着いた物 

甑島は今週、台風並みの風が続きました。船も欠航が続き、給食の牛乳や食材が届かなく、一部食材の変更や牛乳がない日がありました。
このようなことも、離島ならではのことです。

そして、そんな強風の中、鹿島小学校の校庭に流れ着いたこの風船。


huusen.jpg

日本語ではないようです。中国からでしょうか。
誰かのお土産が飛んできたのか、または、中国から飛んできたのか、わからないですが、とても珍しい物でした。

昔の遊び体験 

 12月3日,鹿島公民館で「昔の遊び体験」がありました。これは,社会福祉協議会と高齢者クラブの御協力で,毎年行われている行事です。子どもたちも昔の遊びを体験できるので,とても楽しみにしています。
 今年は,昨年に引き続き餅つき体験もできるということで,笑顔いっぱいでの参加となりました。また,今年初めての試みとして,「みいかわ」という昔遊びで使う道具作り(小刀で竹を削る体験)もしました。竹を削る難しさを感じることもできました。また,お手玉では,高齢者の方の技に驚いていました。
 餅つきも,とてもいい体験になりました。杵で上手に餅をつくことがなかなか思うようにできませんでしたが,少しずつ慣れてきて真ん中をうまくつけるようになりました。その後,餅を丸めたり,芋のあんを入れたりして餅が完成しました。高齢者との交流会では,つきたての餅を食べたり,ぜんざいを頂いたりしました。質問コーナーでは,昔の学校のことや帰ってからの生活のことや疎開のことなど,いっぱい質問が出ました。昔の厳しい生活を聞き,とても勉強になったようです。
 この日学んだことをこれからの生活に生かして欲しいと思います。

mukasi 1
mukasi 2
mukasi 3
mukasi 4
mukasi 5
mukasi 6