FC2ブログ

小中一貫研究授業がありました PART2 

 25日の海星中校区小中一貫教育合同研修会で研究授業が行われ,その
あとの授業研究の中で、ワークショップ型の授業検討会を実施しました。
3校の先生方が2~3名ずつ入った3つのグループに分かれ,それぞれの
マトリクスシートに,意見等を書き込んだ付箋を貼り付けていきました。

IMG_0123.jpg



 機会ある毎に集まる海星中校区の先生方は,お互いをよく知っているの
で,すぐに意見が出て非常に活発なグループ討議となりました。
 下の写真が討議した後のマトリクスシートです。3色の付箋で成果や
課題などがはっきりとわかって有意義な討議となりました。
 この後、懇親会が催されましたが、熱気をそのままに盛り上がり,さらに
交流が深まりました。これからも,海星中校区を盛り上げていこうと思います。

IMG_0131.jpg

スポンサーサイト

かのこ幼稚園交流保育 


今回は幼稚園生の話です。

27日、かのこ幼稚園と交流保育がありました。
みんなお友だちに会えるのを楽しみにしていました。久しぶりに会うので緊張して、バスに乗って向かう時からドキドキ・ワクワクしていました。

かのこ幼稚園ではたくさんのお友だちの前で、文化祭で披露したダンスを踊りました。
みんな、ダンスも久しぶりだったけど、頑張って思い出して、一生懸命踊りました。

そのあとは、みんなと一緒に遊んだり、給食を食べたりと、楽しい時間を過ごすことができました。また、みんなと会える日を楽しみに、離れていてもみんな友達だということを忘れずに、それぞれの幼稚園で頑張りましょうね。

DSCF8636.jpg

読み聞かせの様子 

読み聞かせ
 28日,それぞれの学級に先生が入って,読み聞かせがありました。
 今回,5・6年生には,教頭先生が入ってくださいました。椋鳩十の「孤島の野犬」を紹介してくださいました。椋先生の作品は,動物と人間との関係をテーマにしています。この「孤島の野犬」は甑島が舞台になっている話です。読んだことのある子もいましたが,初めて知った子が多く「読んでみよう」と興味をもった子もいました。
 下甑には「孤島の野犬」の像もあります。下甑にいらしたら,見に行ってみてください。

下甑の化石について話を聞きました 

 27日,薩摩川内市元気塾がありました。この元気塾は郷土にかかわる方々の話を聞いたり,一緒に活動したりする体験を通して,子どもたちが夢や希望をもって未来に向かっていくことをねらいとした事業です。鹿島公民館で長浜小学校の児童と一緒に話を聞きました。
 今回は熊本大学院の准教授小松俊文先生をお招きして,「下甑の化石」について講演していただきました。実際に鹿島で発掘されたアンモナイトの化石や恐竜の骨のレプリカなどに子どもたちが触れる機会がありました。化石の発掘の仕方などもわかり子どもたちの目はキラキラ輝いていました。
 講演の後,小松先生は,鹿島小学校で子どもたちと一緒に給食を食べました。子どもたちも恐竜のことや化石のことなど質問していました。また,鹿島から大発見!があるかもしれません。今後も楽しみです。
 小松先生,ありがとうございました。
元気塾1 元気塾2

中学校の理科の先生に教えていただきました 

交流授業(理科)
交流授業(理科)
11月27日,海星中学校の東山先生が小中交流授業として,本校の5・6年生に理科の授業をしてくださいました。
今回の授業は,「ガスバーナーの使い方を身に付けよう」と「燃える時の色でふくまれている物質が何か見つけよう」の二つの内容でした。
ガスバーナーの使い方の授業では,実際にガスバーナーを分解するところから始まりました。また,マッチのつけ方も指導があり,怖がっていた子どもも自信をもってつけられるようになりました。
炎の色で物質を見つける授業では,炎の色が赤,黄色,緑,だいだい,紫と物質によって変わる様子を見て驚いていました。子どもたちに理科の楽しさを教えてくださってありがとうございました。


小中一貫研究授業がありました 

英語 
 25日,海星中学校区小中一貫の研究授業が鹿島小学校でありました。海星校区の先生方,30名以上が集まって研修をしました。
 今回は,4・5・6年生の英語の授業を行いました。小学校の教諭2名と中学校の英語教諭一松先生が一緒になって指導しました。学習のめあては「1・2年生が楽しめる『大きなかぶ~鹿島バージョン~』を工夫しよう」で,子どもたちが考えた「大きなかぶ~鹿島バージョン~」の練習をしました。登場人物は,恐竜,バショウカジキ,カッパ,ウミネコ,カニ,猫,トンビ,イカ,トシドン,キビナゴと,鹿島ならではの人物です。子どもたちは,中学校の一松先生に発音の練習をしていただいたり,一緒に劇に参加していただいたりして楽しかったようです。
 1・2年生には12月に発表します。1・2年生が喜んでくれるといいですね。

鹿島幼・小フェスタ 

フェスタ フェスタ1

今日はとってもいいお天気でした。青空の下,鹿島幼小フェスタが行われました。
 幼稚園生から6年生までみんなはっぴを着てはちまきを締めて,鹿島の町をおみこしを担いで歩きました。おみこしは,1・2年生が作りました。今年のテーマは「フルーツ」。とってもカラフルに出来上がりました。
 子どもたちの「わっしょい,わっしょい。」の声に合わせて地域の皆さんも一緒にかけ声をかけてくださいました。たくさんの方に応援してもらい,嬉しそうな子どもたちでした。ありがとうございました。

サツマイモでおやつ作り 

クラブ
 クラブの時間に学校で育てたサツマイモを使って,全児童で料理をしました。
 本日のメニューはおやきとスイートポテト。子どもたちが皮をむいたりつぶしたり,形を整えたりしました。自分たちで作ったおやつは,とってもおいしかったらしく,みんなペロッと食べました。
 まだサツマイモが余っているので,レシピと一緒に今度持ち帰らせます。お家でも作ってみてください。

読み聞かせ 

読み聞かせ
本日,読書タイムに読み聞かせが行われました。今日も幼稚園から5・6年生までそれぞれの学級に4人の先生方が入りました。 
 1・2年生の教室には,校長先生が入ってくださいました。長新太作「キャベツくん」を読んでくださいました。じっとみんな本を見て集中していました。
 それぞれの学年の発達に応じた絵本が読まれました。また,来週も行われます。次はどんな絵本か,楽しみです。

甑大明神マラソン大会 

マラソン大会
11月17日,上甑島の中甑で第21回甑大明神マラソン大会が開催されました。
本校からは,2年生1名,4年生2名,5年生3名,6年生2名の8名が出場しました。
風の強いあいにくのコンディションでしたが,日頃の練習の成果を発揮し全員が完走しました。
そんな中,2年生の村林颯月さんが1㎞小学低学年女子の部で第1位,4年生の鈴木偉也君が3㎞小学高学年男子の部で第2位,5年生の中村朱海さんが3㎞小学高学年女子の部で第2位というすばらしい成績を収めました。
小規模校でも,「やればできる」ということを示してくれました。
12月には校内持久走大会が開かれます。昨年度は3名が新記録を出しました。是非,今年も新記録が一つでも多く出てほしいと願っています。
ところで,大明神マラソンには,本校の山本教諭も10㎞に出場しました。結果は・・・?

仕事リーフレットを作る 

仕事リーフレット 
 4年生は国語で説明文「アップとルーズで伝える」の学習をしました。
 この教材は写真と文章が対応するように書かれており,説明の仕方を学習しました。それを生かして,「仕事リーフレット」を書きました。里親さんの仕事について取材させていただき,伝えたいことを写真(アップとルーズ)に撮り文章を考えました。
 子どもたちは,里親さんの仕事に対する気持ちを知って「ぼく・わたしも里親さんのように人に喜んでもらえる仕事をしたい」と感想に書いていました。お忙しい時間に取材,写真撮影のご協力,ありがとうございました。

化石講演会と本校の恐竜コーナー 

恐竜コーナー
ご存じの方も多いと思いますが,鹿島で約8000万年前の中生代白亜紀後期の地層から,草食恐竜の一種で角竜(つのりゅう類)と呼ばれる中の「ケラトプス類」の歯の化石が見つかり,新聞やテレビ等でも大きく報道されました。
角竜類の化石としては国内2例目ですが,ケラトプス類の化石としては国内初という貴重な発見でした。
そういうこともあり,昨年に続き,化石講演会が11月7日に北九州市立博物館の藪本先生,国立科学博物館の真鍋先生,熊本大学大学院の小松先生という第一人者をお招きし開催されました。
小学生から一般の化石愛好家まで,鹿島の化石のことやシーラカンスのことなど興味深い話を聞くことができました。
恐竜の報道がなされてからは,本校でも「ウミネコとカノコユリの里」から「ウミネコとカノコユリと恐竜の里」と言う言葉を使うようにしています。本校では,職員室前の掲示板に「恐竜コーナー」を設けて恐竜関係の記事を掲示するとともに,校長室前には,恐竜の模型やミニチュアを置いて子どもたちが自由に遊べるようにしています。
今日の作品は,写真の通りです。恐竜に興味のある人は,是非一度見にいらしてください。

先生方による巡回読み聞かせ 

読み聞かせ(小)
11月12日,読書旬間の取組の一つである先生方による巡回読み聞かせの2回目が行われました。
これは,子どもたちの読書意欲を高め,本に親しんでもらおうと例年行っている催しです。
管理職はもちろん,養護教諭や学校主事,幼稚園教諭も交えて4回行われます。
担任以外の先生による読み聞かせに,子どもたちも大喜び。
写真は,養護教諭による1・2年生への読み聞かせと小学校教諭による幼稚園児への読み聞かせの様子です。
次はどの先生が来て下さるか子どもたちも楽しみにしています。
読み聞かせ(幼)

鹿島園に行きました 

鹿島園
 今日は,久しぶりに鹿島園を訪問しました。音楽会や文化祭で演奏したハンドベルを披露しました。「いい音ね~」と目を細めて聞いていただき,子どもたちも嬉しそうでした。
 その後,それぞれおじいさんやおばあさんと話をしました。釣りや剣道の話で盛り上がった子もいました。また,会いに行きたいと思います。

合同文化祭(パート3:小学生の部 鹿島太鼓等) 

鹿島太鼓
文化祭のオープニングを飾った鹿島太鼓「瀬戸の朝焼け」です。
1年生3名と新規留学生3名は初めての鹿島太鼓です。
橋野恵子先生の指導のもと,5月から必死に練習してきました。
13名の小学生と先生方が息の合った太鼓を披露し,大きな拍手をもらいました。
合奏
合奏「勇気100%」の写真です。
海星中学校であった地域なかよし音楽会でも発表し,好評でした。
力強い演奏は,観客の心に響きました。
ハンドベル
ハンドベル奏「ルージュの伝言」の写真です。
会場中に響き渡るきれいな音色は,感動を与えました。
ミュージックキャンドル
ミュージックキャンドル「遥か」の1シーンです。
写真では,分かりづらいかもしれませんが,幻想的でそれはそれはきれいでした。
別世界に案内されたような気分になりました。
頑張った子どもたちに大きな拍手がいつまでも鳴り止みませんでした。
鹿島っ子!最高!!

薬物乱用防止教室 

薬物乱用防止教室
 薩摩川内市警察署から2名の署員に来ていただき,4・5・6年生の児童は薬物について学びました。
 薬物(ドラッグ)について,初めて学習した子も多く,薬に悪い物があることを知って,びっくりしたという感想もありました。また,それらから身を守るために「ことわる勇気」が必要だと言うことも感じたようです。
 命に関する大切な学習ができました。

合同文化祭(パート3:小学生の部 俳句編) 

俳句
お待たせしました。いよいよ合同文化祭の小学生のブログです。
今回は,出演した4演目の一つである「ようこそ!俳句の世界へ」についてです。
本校では,業間の時間に「表現タイム」が位置づけられており,俳句作りを行っています。
文化祭では,自分の自信作を大きな広幅用紙に習字で書き,スペースに絵の具で絵を描いたものを手に持ち,会場中に響く大きな声で発表しました。
この俳句を楽しみにしている方も多く,子どもたちが読む前に声に出して作品を味わう方も多数いらっしゃいました。
1年生の川原乃愛さんは,「トシドンに あったらおかしで おもてなし」という作品を紹介しました。今,流行の言葉を入れるなどセンスを感じさせる作品でした。全員の作品は,学校便り11月号で掲載予定ですので,ホームページのトップページの「学校便り」でご覧ください。
この後,鹿島太鼓等についてもブログでアップ予定です。お楽しみに!

食に関する指導~親子・招待給食 



今日は,給食センターの栄養士の永田先生に来ていただき,食に関する指導をしていただきました。
1・2年生は,「朝ごはんの大切さについて考えよう」というテーマの元に,朝ごはんをしっかり食べると体にどのような効果・働きがあるかについて学びました。

4・5・6年生は「給食のすばらしさを考えよう」というテーマで,五大栄養素や給食センターでどのようにして給食がつくられているか等を学びました。


食の指導


また,今日は親子・招待給食ということで,園児・児童の保護者,学校行事等でいつもお世話になっている地域の方々と一緒に給食を食べました。
普段の倍以上の人数で食べる給食は,いろんな話が飛び交い,とても賑やかで楽しい時間となりました。


親子・招待給食

芋掘りをしました 

芋掘り1  芋掘り2
 春に植えたさつま芋が大きく育ち,幼稚園児・小学生みんなで収穫しました。大きな芋もたくさん入っていて,掘りながら「お~」「おっきい」と嬉しそうな声をあげていました。
 それぞれの家庭にも持ち帰りました。どんな芋料理に変身したか,また子どもたちに聞いてみたいと思います。今月,21日のクラブ活動で学校でも芋料理にチャレンジします。おいしくみんなでいただきたいと思います。

小中一貫教育交流授業 

河野先生授業
河野先生授業
11月6日は「かごしまの教育」県民週間のメイン行事であるオープンスクールでした。
5校時には,小中一貫教育交流授業として海星中学校の社会科教諭河野先生が授業をしてくださいました。
4~6年生7名は目を輝かせて授業を受けていました。
河野先生は昨年度も本校で授業をしてくださいました。昨年度は自分の体験をもとにした「北方領土」の授業でしたが,本年度は「地図帳の使い方のコツ・裏技」の授業をしてくださいました。
子どもたちは,初めて知ることばかりで目を輝かせていました。
先生のおかげで,子どもたちは社会科好き・地図帳好きが多くなったことでしょう。
お忙しい中,快く授業を提供してくださった河野先生ありがとうございました。

合同文化祭(パート2:地域の部) 

安藤夫妻太鼓
文化祭後半の部は,安藤康典・ゆきみ様ご夫妻による太鼓「祝い太鼓」で幕を開けました。
なんとこの日のためにわざわざ兵庫から運んできた太鼓です。
5年間子どもたちが留学生としてお世話になった感謝の意味も込めての披露でした。
写真を見て分かるとおり,太鼓の大きさに驚きましたが,その迫力・息のあった演奏に酔いしれた10分間でした。本当にありがとうございました。
もう1枚の写真は,鹿島園のミュージカル「麦畑」の1シーンです。笑顔の輪が広がる笑いの絶えない出し物でした。
そのほか,乳幼児の演奏や郷土芸能・舞踊・ハーモニカ演奏・歌謡ショー・フォークソング等バラエティーに富んだ内容で観客を楽しませてくれました。
また,最後の演目である鹿島太鼓「瀬戸のうずしお」は迫力のあるトリにふさわしい素晴らしい演奏でした。
感動を与えてくださった地域の出演者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
鹿島園

合同文化祭(パート1:幼稚園の部) 

幼稚園表現
11月2日,第5回鹿島小・幼・地域合同文化祭が盛大に開催されました。
本年度のテーマ「輝け 笑顔の輪 鹿島の文化に希望と誇りを!」を肌で感じる素晴らしい文化祭となりました。
今日のブログは,幼稚園児の特集です。
園児は,表現「8人のゆかいな仲間たち」と遊戯「ひょっこりひょうたんじま」の発表をしました。
写真のとおり,こびとに扮した可愛い衣装に身を包んだ園児たちは,あまちゃんのテーマ曲やミッキーマウスのテーマ曲に合わせて,旗を使ったり望遠鏡を使ったりして,とっても上手に踊ることができました。
セリフもしっかり言えて,会場の皆さん方も驚いていました。
観客全員の心をつかみ,心をいやしてくれた可愛い8人の発表に,大きな拍手が鳴り止みませんでした。
子どもたちをここまで指導してくださったみっちゃん先生にも拍手を送りたいです。
幼稚園 バンザイ!!!
幼稚園表現(棒)

なかよし音楽会がありました 

11月1日,海星中学校で鹿島・下甑地区合同なかよし音楽会がありました。3つの小学校と2つの中学校が集まって,それぞれ歌や合奏などを発表しました。
音楽会1
 鹿島小学校は,ハンドベル奏「ルージュの伝言」と器楽合奏「勇気100%」を発表しました。子どもたちは笑顔いっぱいで楽しそうに演奏してくれました。地域の方も聞きに来てくださり「よかったよ」「上手だったね」「ハンドベルの音がきれいだった」などたくさんほめてくださいました。
 他の学校や先生方の素晴らしい演奏にも触れることができ,音楽の秋を満喫した一日でした。
音楽会2 音楽会3


幼稚園文化祭リハーサル 

文化祭2
11月1日,公民館で幼稚園のリハーサルを行いました。
幼稚園の演目は,表現「8人のゆかいな仲間たち」と遊戯「ひょっこりひょうたんじま」の2演目です。
中村先生の指導のもと,これまで一生懸命練習してきた子どもたち。
かわいい衣装に身を包み,曲に合わせて精一杯踊っていました。
いよいよ明日が本番です。
失敗を恐れず,楽しく笑顔で踊ってほしいと思います。
頑張れ! 8人の仲間たち。文化祭3