FC2ブログ

なわとび大会 

今日は,なわとび大会。3学期になってから,毎日のように,朝の活動や業間体育,授業,そして休み時間などを使って自主練習を続けてきました。その成果を発表する日です。

まずは,一人一人の技を発表。低学年でも二重跳びを披露する子もいました。また,高学年になると,「ハヤブサ」の二重跳びなど,とても難しい技に挑戦する子もいました。


次はペア跳び。男女がペアになって跳びました。息もぴったりで,100回近く飛び続ける組もありました。

090227ub1.jpg

090227ub2.jpg
次は,「海っ子」「風っ子」の縦割り班に分かれて長縄を跳びました。2年生から6年生まで,みんなで声をかけあって,楽しく競い合いました。

最後は,持久跳び。同じペースで長く跳ぶ競争です。
これは,6年生のKTくんが,なんと20分間余裕で跳び続け,(なわとび大会の)時間切れで終了となりました。まだまだ,跳び続けられそうな安定した跳び方でした。
4年生女子の,NMさん,AFさん,NAさんも,かなり長い間跳び続けることができました。

大会に向けての取組で,一人一人が縄跳び技能と体力を向上させ,その成果を発揮することができた時間となりました。

スポンサーサイト

命と性の授業~カンガルー事業~ 

薩摩川内市市民健康課が実施している「カンガルー事業」で,助産婦さんをお招きして,命と性の授業が本校で行われました。

090226ub1.jpg
「命」がどのようにして生まれ,お母さんのおなかの中でどのように育っていくのかを,実物大の模型を使ってわかりやすく説明してくださいました。

090226ub3.jpg  
「ふう~重い!」これは,妊婦さんの体にかかる負担を体感しているところです。階段を上り下りするとよろめきそうになります。

090226ub2.jpg
実物大の赤ちゃんを抱く体験もしました。男の子もなかなか上手です。

最後に講師の助産婦さんは,「自分ががんばって生まれてきたこと,お父さんやお母さん,周りの方々の愛情に支えられて育ってきたこと,そして,今もみんなのそばには,愛情を持っていつも身方になってくれる人がいることを感じて,自分の命を大切にしてください。」とまとめられました。

命について考えるとてもよい機会になりました。

生活支援ハウス訪問 

今日は,総合的な学習の時間の活動の一環として,生活支援ハウスを訪問しました。
デイサービスで訪問しているお年寄りの方々と,色々な交流活動をしました。


まずは,名前を呼びながらやわらかいボールを投げ合うゲームをしました。

090225ub2.jpg
ゲームをしている間は2班に分かれて行動し,もう一方の班は,支援ハウスの施設を参観させていただきました。写真は,介護用のお風呂を体験しているところです。

090225ub3.jpg
子供たちからの発表。写真は,鹿島小学校の定番メニューとなっている「ポニョ」の歌と踊りです。この外に,合唱・合奏や,作文の発表もしました。

090225ub4.jpg
最後は,お茶をいただきながら,お年寄りの方々に質問をしたり色々なお話をしたりしました。
お年寄りの方々も大変喜んでいただき,大変有意義な時間となりました。

この後学校では,総合的な学習の時間を使って,体験学習でわかったことや考えたことを,自分なりにまとめていきます。

海を隔てた表彰式 

薩摩川内市青少年育成市民会議主催の「あいさつ運動ポスター及び標語コンクール」で,本校の4年生児童が,ポスターの部で最優秀賞を受賞しました。
今日はその表彰式が開催されました。

本当は薩摩川内市役所で,市長から直々に表彰を受けるところなのですが,離島ですので簡単に行くことができません。そこで,市役所と鹿島支所をテレビ会議で結んで,表彰式を実施しました。

090224ub.jpg

テレビの画面には市役所本庁での表彰式の模様が映されています。市長が賞状を読み上げ,鹿島支所長から賞状を受け取りました。

テレビ会議システムを活用した,薩摩川内市ならではの海を隔てた表彰式でした。

児童代表委員会 

毎月1回,木曜日の放課後,児童代表委員会が開かれます。
代表委員会と言えば,普通の規模の学校では3年生以上の各学級の代表が集まって,学校のいろいろな課題や集会活動の企画などについて話し合います。

でも,鹿島小学校は全校児童20名,3年生以上だと全部で17名です。ですから,学校の代表という考え方で,3年生以上が全員集まって話し合いをします。

今日は,3月の卒業・進級を控えて,「みんなで思い出に残ることをやろう」というテーマで,3月にみんなで思い出作りをする計画をしました。

いろいろな意見がでましたが,最後に,
「みんなで千羽鶴を作って学校に残そう。」
という意見と,
「みんなで紙ヒコーキ飛ばし大会をしよう」
の2案が競り合って,なかなか意見がまとまりません。

そこで,各学級に持ち帰って,もう一度話し合ってみることになりました。

0218ub.jpg

各学級でも,学級活動等で話し合いの場は設定されていますが,少人数のため,多様な意見が出にくいという状況があります。全校で集まって話し合う児童代表委員会のような時間は,そこを補う貴重な意見交換の場となっています。

椿の植樹 

鹿島小学校は,「緑の少年団」の活動を行っています。
緑を守り,育てる活動をとおして,ふるさとを愛する心や豊かな人間性を育むことを目的として,全国で活動が展開されています。

鹿島小学校でも,大きなことはできませんが,学校や地域内の植物を育てる活動を積極的に行っています。
今日は,その「緑の少年団」の活動の一環として毎年行っている校内の植樹活動を行いました。
今年選んだ木は,「椿」。鹿島が,まだ鹿島村だった頃は,村の木に制定されていました。潮風に強く,鹿島でも元気に育ってくれるはずです。

090217ub1.jpg
高学年が中心になっての植樹です。まずは,木を植えるための穴を掘りました。場所は,道行く人にも見てもらうために,校庭の南側,道路に面したところにしました。

090217ub2.jpg
もうたくさんのつぼみをつけているのがわかりますか?
子どもたちが心をこめて植樹したので,きっと美しい花をたくさん咲かせてくれることと思います。

なわとび大会に向けて 

朝の運動の時間の様子です。

毎朝のかけ足の後,今月末のなわとび大会に向けて,毎日練習に取り組んでいます。
なわとび大会では,「持久跳び」「技の披露」「長縄跳び」などの種目があります。

なわとびは,室内(体育館等)でも気軽に取り組め,効率良く体力を消費し,持久力や敏捷性を高めるのに適しています。体もすぐに温まり,冬にはとてもよい運動です。

合同体育 

2年生~4年生は,体育の時間に合同でラインサッカーやポートポールなどの球技に取り組んでいます。
球技は,ある程度人数が多くないと試合ができません。そこで,他の学級と合同で実施するになります。

090210ub2.jpg
2年生から4年生まで混じって1つのチームを作ります。ただいま作戦会議中。4年生がリーダーとなって,チームをまとめています。

090210ub1.jpg
試合では,できるだけ全員がボールに触り,試合に参加できるよう配慮しながら進めます。

児童数が少なく,できることに限りが出てきますが,その代わり,このような縦割りの活動を日常的に実践できることは,小規模校の大きなメリットと考えています。

空(そら) 

「空(そら)」  6年 ST(女子)

空になったら

だれが どこにいるかが 分かる


何かあったら すぐに飛んで行ける


雨のときは 泣いている


晴れのときは 元気


くもりのときは きん張している


夕焼けのときは てれている


そらはいつも 私を見守っているようだ


私は 空が 大好きだ


090204.jpg

南日本新聞の「子供のうた」にも掲載されました。

節分 

今日は節分。各学級で,豆まきをしました。
写真は,高学年の豆まきの様子です。一人一人が,自分の心の中の鬼(=弱い心)を紙に書き,それを追い払い,強いこころをもって生活できるように,自分の弱い心に向かって豆を投げつけました。

090203.jpg



○ダラダラ鬼  ○へりくつ鬼  ○泣き虫鬼  ○二度寝しちゃう鬼  ○勉強嫌い鬼

いろいろな鬼がいるもんですね。(笑)
一人一人,たくさんの良さを持っている子供たちですが,今日はちょっとだけ自分の弱さ,弱点にも目を向け,それを改善していこうと誓った一日でした。