FC2ブログ

なわとび大会に向けて 

2月に,なわとび大会があります。個人の技を競ったり,グループで長縄を跳んだりします。そこで,最近朝の運動の時間は,なわとびの練習に励んでいます。

今日は,グループに分かれての長縄跳びの練習をしました。長縄は,心を合わせないと,なかなかうまく跳べません。低学年から高学年まで混じっているので,タイミングを合わすだけでも大変です。
本番までにどれだけ上達できるか,楽しみです。

スポンサーサイト

親子給食 

学校給食習慣に合わせて,親子給食を実施しました。
今回は,秋の親子給食に参加できなかった方々が中心です。

090129ub1.jpg
メニューは,
「麦ごはん」「豚骨の煮物」「小松菜とジャコの炒め物」「ポンカン」「牛乳」
でした。「豚骨の煮物」は,よく煮込まれ,具材に味がこってりとしみこんでいて,特に美味しかったです。

090129ub2.jpg
給食週間の取組の一貫として,給食センターの方々に絵とお礼の言葉をかきました。
コピーしたものを昨日給食センターに届け,ランチルームにも掲示しました。

これからも,三食お腹いっぱい食べられることに感謝の気持ちを持ち,好き嫌いをせず,何でももりもり食べて元気な体をつくるよう,給食指導の充実に取り組んでいきます。

保健・給食委員会 

月曜日の朝は全校朝会と,児童が中心になって行う児童集会が,ほぼ隔週で計画されています。

今朝は児童集会の日。保健・給食委員会が,食と健康についての大型かるたを作成し,「かるた大会」をしました。



090126ub02.jpg

あ・・・朝ご飯。食べて脳にも栄養補給。

い・・・いただきます。食べ物にも作ってくれた人にも感謝。

う・・・海の中。自然の恵みがいっぱいだ。


委員会が読み札を読み終わったら,絵札めがけて子どもたちが向かいます。20名が一斉にやると大変なことになってしまうので,4名ずつの組を作って順番に札を取り合いました。
かるたとりを体を動かして楽しみ,食についての理解も(ちょっとだけ?)深めることができた楽しい集会でした。

図書委員会による紙芝居 

今日は雨。いつも昼休みは,子どもたちも先生たちも一緒にサッカーや陣取りなどを楽しんでいますが,雨の日は外で遊ぶことができません。
そこで今日は,図書委員会が,低学年の教室で紙芝居をしてくれました。
みんな,じっと紙芝居に聞き入っています。

090122ub.jpg

このような活動を通して,本に親しむ態度,豊かな情操を育むことはもちろん,子どもたちの主体的な態度や豊かな表現力の育成も図ることができると考えています。

火災を想定しての避難訓練 

本日は,薩摩川内消防局下甑分文駐所の方々をお招きして,火災を想定しての避難訓練を実施しました。

子どもたちは,火災発生の放送を聞くと,「お・か・し・も」(おさない,かけない,しゃべらない,もどらない)をしっかり守って避難することができました。
その後,水消火器を使って初期消火の練習をしたり,分駐所の方のお話を聞いたりしました。
スクールガードリーダーの川崎さんも来校していただき,火事の恐ろしさや自分の命を守ることの大切さなどについてお話してくださいました。



本校では,年間3回の避難訓練を実施しています。
1学期が「地震・津波」想定,2学期が「不審者侵入」想定,そして3学期は「火災」想定です。
子どもたちの安全を守るために,教師も本番さながらに,真剣に取り組みます。
また,(天災は別として)避難しなければならないような危険な状態を生み出さない,未然に防ぐ努力も大切だと考えています。

授業参観日 

今日は,授業参観日でした。
子どもたちが一生懸命学習している様子を,保護者の方々に参観していただきました。


2年生・・・国語科の授業

090115ub2.jpg
3・4年生・・・道徳の授業

090115ub3.jpg
5・6年生・・・英語活動

授業参観の後は,学級PTAが開かれ,各学級の3学期の経営方針等について話し合いました。

また,16:00からは学校保健委員会もありました。鹿島中学校の保護者・職員も一緒に参加し,学校医の先生のお話や,鹿島小・中学校の児童・生徒の生活リズム調査の結果報告(養護教諭)等があり,子どもたちの健康について考える良い機会となりました。

お正月の遊び 

今日は,お正月の伝統的な遊びを楽しむ児童集会がありました。
カルタ,すごろく,はねつき,こま回し,けん玉など,いろいろな遊びをみんなで楽しみました。
体育館中心で実施しましたが,子どもの中には,外に出て先日作った凧をあげて楽しむ子たちもいました。



子どもたちが遊ぶときの生き生きとした笑顔は,とても素敵です。


さて,3連休は大変大荒れの天候で,1日目と3日目はフェリーが欠航しました。強風の中,時折大粒のみぞれも降るようなときもありましたが,寒さにまけず校庭でサッカーや缶蹴りをして遊んでいる子どもたちを見て,「子どもは風の子」という言葉を思い出すことでした。

始業式・凧作り教室 

今日は3学期の始業式。鹿島小学校の全児童20名が,全員元気に登校してきました。

始業式では,冬休みの反省や新年の抱負を代表の児童が発表した後,校長先生から3学期がんばって欲しいこと等についてのお話がありました。

午後からは,鹿島地域コミュニティ協議会主催の凧作り教室がありました。4時を過ぎた頃から,凧を完成させた子どもたちが学校に集まってきて,うまく飛ぶか試していました。
残念ながら今日に限って風がほとんどありませんでしたので,走りながら飛び具合を確かめて調整をしていくしかありませんでした。でも,お正月の伝統的な遊びを,子どもたちは校庭を駆け回りながら元気よく楽しんでいました。

210108UB1.jpg


この凧は,13日の児童集会「お正月の遊びを楽しもう」でも活用したいと思っています。その日はもう少し風が強いといいですね。

ほら貝吹き・鬼火焚き 

毎年1月7日の恒例行事となっている,「ほら貝吹き」と「鬼火焚き」が,子ども会主催で実施されました。

朝6時半,まだ真っ暗な中,公民館前に小・中学生が集合しました。これから,鬼火焚きの準備がしてある花瀬海岸まで,ほら貝を吹きながら町内を練り歩きます。



ほら貝を吹いて音を出すのは,結構難しく,はじめはなかなか音が出ません。でも,地元の子どもたちは慣れたもので,歩きながらでも「ボーッ」というほら貝独特の音を出すことができます。

海岸に着くと,5日にみんなで集めた門松やしめ縄,海岸に落ちていた木ぎれ等を集めたものに火をつけました。そして,鬼火の前で,一人一人,新年の誓いを発表しました。

210107ub2.jpg

最後はみんなでぜんざいをいただきました。食べている途中,夜が白み始めました。残念ながら曇っていたので日の出を拝むことはできませんでしたが,早朝にみんなでわいわい言いながら食べるぜんざいはとても美味しかったです。

210107ub1.jpg

朝早くから準備や引率をしてくださった保護者の方々,どうもありがとうございました。

明けましておめでとうございます 

明けましておめでとうございます。
平成21年の「ウミネコ日記」がスタートします。

冬休みも今日を入れてあと2日。
留学生や,島外で正月を過ごした子どもたちが,少しずつ鹿島に帰ってきました。船が港に泊まる毎に,鹿島が賑やかになっていきます。

先ほど,校庭で子どもたちが遊んでいたので,校門の前に集まってもらいました。みんな,元気な笑顔を見せてくれました。

210106.jpg

両サイドの門松は,12月25日の迎春準備のとき,職員で協力して作成しました。

今年も,鹿島小学校の様子や話題を皆様にお知らせするためにがんばりますのでよろしくお願いいたします。